読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスな日々

仕事・思う事、フリーランスの日々をつづります。

献立を楽にするコツ

f:id:JUNEwriter:20170203214926j:plain

自宅で仕事をしていると、つい食事がおざなりになりがちですよね。

 

さすがに朝昼晩カップ麺ということはありませんが……昼食など一人のときは卵かけご飯で済ましてしまいます。

 

正直、自分のためだけに料理するのって、面倒じゃないですか?

 

私だけでしょうか……(´・ω・`) 

 

もはや朝昼での栄養摂取はあきらめています。

 

 

問題は晩ご飯です。

 

さすがに、家族に毎夜卵かけご飯を食べさせるわけにはいきませんよね。

 

 でも献立考えるのめんどくさい。一週間分とかまとめて決めるの無理!

……そんな私が実践する、ナイスな?献立方法をご紹介します。

 

和の食材をバランスよく食べる

毎日、栄養バランスの整った食事を準備するのは難しいです。

特に共働きや、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は大変なんじゃないでしょうか。

 

気を抜くと、調理が楽な肉料理ばかりになってしまいませんか?

 

 そんなときは豆・ゴマ・ワカメ(海藻)・野菜・魚・しいたけ(キノコ類)を、

食事に取り入れる方法がおすすめです。

 

どれも和食によく使われる食材ですが、日本人の体質と相性がよく、健康な体づくりに欠かせないものばかりです。

 

上記の食材をバランスよく食事にとりいれることで、献立のワンパターン化を防ぎ、栄養面もカバーできます。

 

頭文字をとって「ま・ご・は・や・さ・し・い」とすると覚やすいですよ♪

 

ポイントはなるべく彩りよく食材を使うこと。

 一日で全部の食材を使うのはきついので、二日~三日間ですべての食材をとれるようにすればOKです。

 

そうすると無理なく食材が使えるし、大まかに使う食材が決まっているので、献立も楽ちんになります。

 

いろいろ応用してみる

しんどい日は、丼物か麺類に一品だけ上記の食材を使ったおかずを作ります。

(もちろんお惣菜でもOK!)

 

今週はまだ○○食べてないな~とか、必要な食材が分かりやすいので、

あと一品!のメニューも思いつきやすいです。

 

手抜きの罪悪感もなくなります( *´艸`)

 

 

私は五日間がんばったら土日の献立は自由!と決めています。

 

簡単な麺類にしたり、外食で済ましたり。

 

がちがちにやっちゃうと、長続きしないのでゆる~くやってます。

 

 

今度、具体的な献立例も書いてみようかな?

 

とりあえず、今回はここまでにしときます(*'ω'*)