読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスな日々

仕事・思う事、フリーランスの日々をつづります。

ライター歴1年半の私が、単価20円の高額案件をゲットできたわけ。

f:id:JUNEwriter:20170222162142j:plain

今、継続していただいている案件をまとめると

     専門記事 3円

     美容記事 1.5円

     美容記事 1.2円

     コラム 1.3円

     広告記事 20円

個人・会社を含めた、5つのクライアント様からご依頼をいただいています。

 文字数はどれも1500~2000文字程度です。

 

基本単価1~2円のわたし。

20円の高額案件を請けるようになったのは、ランサーズでの提案が

きっかけでした。

 

 案件の応募は広告系記事(LP)の執筆。

単価は1500文字で1本30,000円です。

 

広告系の記事はまだ経験が浅かったですし、ベテランライターさんも

多数応募されていましたが、ダメでチャレンジ!

 

案の定、落選し「まぁしかたないよな~」と落ち込んでいたところ、
その日にクライアント様から連絡がきたんです。

 

「今回の応募は他のライターさんに決定したのですが、
 JUNE様のプロフィールを拝見したところ、
 
 ○○に関しての記事が得意ということでしたので、
 そちらの記事をぜひご依頼できないでしょうか?

 単価は応募時に提案していただいた30,000円です」

 

……要約するとこんな内容でした。 

なんとビックリ( ゚Д゚) 

 

クライアント様はわたしがプロフィール中で
「○○の記事が得意です」

と書いたのを見て、興味をもってくださったんですね。

 

依頼を請けてからは 必死で執筆、納品し何とかOKをもらいました。

そのクライアント様からは、今でも毎月1~2本の間隔でご依頼いただいています。

 

 

この1件では「プロフィール」重要性を再確認。

それと「ダメ元で挑戦してみる!」という“チャレンジ精神”も

大切なんだと学びました。

 

もし今、新規案件を探している方がいたら……

「やってみたいけど、実績すくないから無理だろうな~」とか

「競争率高いからあきらめよう……」とか思わず、

どんどん提案してみることをおすすめします。

 

もちろん、あまりに身の丈が合わない案件は地獄をみます。

クライアント様にも迷惑がかかってしまうのでやめましょう。

 

ですが自分の特性を理解し、きちんと案件を選べば私のように

うまくいくケースもあります。

 

提案するだけなら何の損にもなりません!

 

まだまだ未熟な私がいうのもなんですが、

新米ライターさんにはチャンスを逃さないよう、どんどん挑戦して

もらいたいなぁと思います。

 

フリーランスのみなさま、一緒にがんばりましょう(^^)/